に投稿

コンテナハウスのメンテナンスはどうする?ポイントを解説

コンテナハウスに長く住みたいと考える場合、メンテナンスは欠かせません。コンテナハウスは耐久性が高く、メンテナンスをこまめに行なっていれば、100年暮らせるといわれています。ここでは、コンテナハウスのメンテナンスする上でのポイントについて解説をしていきます。

コンテナハウスをメンテナンスする上でのポイント

コンテナハウスも、電気やガス、水道などのインフラを引いて生活するため、一般的な一戸建ての家と同じようにメンテナンスが必要になります。

特にコンテナハウスにおいてメンテナンスする上でポイントとなるのが、以下の点です。

*防錆対策
コンテナハウスは防錆効果が期待できる塗料で、外壁が塗装されています。メンテナンスは、3~5年に一回程度必要になります。外壁工事業者などに依頼をして、錆が発生している箇所がないか確認をしてもらいましょう。

*色ムラ対策
外壁の塗装を後から行うとどうしても色ムラが出てしまう場合があります。10年に一度程度のスパンで、外壁を全面的に塗装するのがおすすめです。

まとめ

コンテナハウスは、一般的な一戸建ての家と変わらず、こまめなメンテナンスが必要となります。これからも長くコンテナハウスに住み続けたいと考えている方は、是非コンテナハウスのメンテナンスを検討してみてください。

に投稿

コンテナハウスとプレハブは何が違う?それぞれの違いについて解説

コンテナハウスとプレハブは一見似ていますが、明確な違いがあります。ここでは、コンテナハウスとプレハブそれぞれの特徴や違いについて解説をしていきます。

コンテナハウスとプレハブの違い

まず前提として、コンテナハウスとプレハブに共通することとして、鉄骨が使われていることや、生産を工場で行なっていることなどがあります。

それぞれの違いは以下の点にあります。

*構造
軽量鉄骨で作られているのがプレハブで、重量鉄骨で作られているのがコンテナハウスです。プレハブの骨組みは厚みが6mm未満の軽量鉄骨が使われるのに対し、コンテナハウスは、6mm以上の重量鉄骨が使われます。

*耐久性
コンテナハウスの方がプレハブよりも耐久性は高いといわれています。その理由として、構造が軽量鉄骨か重量鉄骨かの違いがあり、重量鉄骨の方が耐久性が高いためです。

*費用
コンテナハウスとプレハブを比較した場合、コンテナハウスの方が費用は高くつきます。コンテナハウスで使われる骨組みが重量鉄骨であるため、材料費はその分かかってしまいます。一方プレハブは、工場で大量に生産され、軽量鉄骨を用いて作られることから、費用が安く済みます。

まとめ

ここまで、コンテナハウスとプレハブの違いについて解説していきました。主には、重量鉄骨で作られているのか、軽量鉄骨で作られているのかによって、耐久性やコスト面にも大きく関わってくるのです。

に投稿

コンテナハウスを所有したら固定資産税はかかる?

通常の家と異なり、コンテナハウスはコンテナを活用した家だから税金はどうなるの?と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
ここでは、コンテナハウスの所有によって定資産税がかかるのかについて解説をしていきます。

コンテナハウスの所有には固定資産税は発生する?

固定資産税は、日本で生活している以上、土地や建物を所有していれば課税される税金です。これは、一般的な家の話で、コンテナハウスはそもそもコンテナで作られた家なので、固定資産税はかからないのではと考える方も多いかもしれません。

結論をいえば、コンテナハウスを所有している場合であっても固定資産税はかかります。これには、地面に定着しているかどうかで判断され、コンテナハウスは建築物であるとみなされるのです。
建築物であるということは、つまり固定資産税がかかるということになります。

コンテナハウスを所有していて、税金をかからなくする方法はないのかについて模索する方もいるかもしれませんが、基本的はないと考えておいた方がよいでしょう。

まとめ

コンテナハウスは、通常の家と異なりコンテナで作られているため、固定資産税はかからないのではと考えていた方もいるかもしれませんが、実際には固定資産税は発生します。固定資産税は、ある程度年間でランニングコストとしてかかるため、その費用も踏まえた上で購入を検討してみましょう。