に投稿

コンテナハウスのメンテナンスはどうする?ポイントを解説

コンテナハウスに長く住みたいと考える場合、メンテナンスは欠かせません。コンテナハウスは耐久性が高く、メンテナンスをこまめに行なっていれば、100年暮らせるといわれています。ここでは、コンテナハウスのメンテナンスする上でのポイントについて解説をしていきます。

コンテナハウスをメンテナンスする上でのポイント

コンテナハウスも、電気やガス、水道などのインフラを引いて生活するため、一般的な一戸建ての家と同じようにメンテナンスが必要になります。

特にコンテナハウスにおいてメンテナンスする上でポイントとなるのが、以下の点です。

*防錆対策
コンテナハウスは防錆効果が期待できる塗料で、外壁が塗装されています。メンテナンスは、3~5年に一回程度必要になります。外壁工事業者などに依頼をして、錆が発生している箇所がないか確認をしてもらいましょう。

*色ムラ対策
外壁の塗装を後から行うとどうしても色ムラが出てしまう場合があります。10年に一度程度のスパンで、外壁を全面的に塗装するのがおすすめです。

まとめ

コンテナハウスは、一般的な一戸建ての家と変わらず、こまめなメンテナンスが必要となります。これからも長くコンテナハウスに住み続けたいと考えている方は、是非コンテナハウスのメンテナンスを検討してみてください。