に投稿

コンテナハウスとプレハブは何が違う?それぞれの違いについて解説

コンテナハウスとプレハブは一見似ていますが、明確な違いがあります。ここでは、コンテナハウスとプレハブそれぞれの特徴や違いについて解説をしていきます。

コンテナハウスとプレハブの違い

まず前提として、コンテナハウスとプレハブに共通することとして、鉄骨が使われていることや、生産を工場で行なっていることなどがあります。

それぞれの違いは以下の点にあります。

*構造
軽量鉄骨で作られているのがプレハブで、重量鉄骨で作られているのがコンテナハウスです。プレハブの骨組みは厚みが6mm未満の軽量鉄骨が使われるのに対し、コンテナハウスは、6mm以上の重量鉄骨が使われます。

*耐久性
コンテナハウスの方がプレハブよりも耐久性は高いといわれています。その理由として、構造が軽量鉄骨か重量鉄骨かの違いがあり、重量鉄骨の方が耐久性が高いためです。

*費用
コンテナハウスとプレハブを比較した場合、コンテナハウスの方が費用は高くつきます。コンテナハウスで使われる骨組みが重量鉄骨であるため、材料費はその分かかってしまいます。一方プレハブは、工場で大量に生産され、軽量鉄骨を用いて作られることから、費用が安く済みます。

まとめ

ここまで、コンテナハウスとプレハブの違いについて解説していきました。主には、重量鉄骨で作られているのか、軽量鉄骨で作られているのかによって、耐久性やコスト面にも大きく関わってくるのです。