に投稿

コンテナハウスを所有したら固定資産税はかかる?

通常の家と異なり、コンテナハウスはコンテナを活用した家だから税金はどうなるの?と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
ここでは、コンテナハウスの所有によって定資産税がかかるのかについて解説をしていきます。

コンテナハウスの所有には固定資産税は発生する?

固定資産税は、日本で生活している以上、土地や建物を所有していれば課税される税金です。これは、一般的な家の話で、コンテナハウスはそもそもコンテナで作られた家なので、固定資産税はかからないのではと考える方も多いかもしれません。

結論をいえば、コンテナハウスを所有している場合であっても固定資産税はかかります。これには、地面に定着しているかどうかで判断され、コンテナハウスは建築物であるとみなされるのです。
建築物であるということは、つまり固定資産税がかかるということになります。

コンテナハウスを所有していて、税金をかからなくする方法はないのかについて模索する方もいるかもしれませんが、基本的はないと考えておいた方がよいでしょう。

まとめ

コンテナハウスは、通常の家と異なりコンテナで作られているため、固定資産税はかからないのではと考えていた方もいるかもしれませんが、実際には固定資産税は発生します。固定資産税は、ある程度年間でランニングコストとしてかかるため、その費用も踏まえた上で購入を検討してみましょう。