コンテナハウスの便利な活用法を解説!定番の使い方からちょっと変わった活用法まで幅広く紹介

日本でも人気のあるコンテナハウス。おしゃれな作りで一度は活用してみたいけど、どのように使ったらいいのかお悩みの方はいませんか?

コンテナハウスには家屋として使う以外にもさまざまな用途が存在します。

当記事では、コンテナハウスの定番活用法から変わった使い方まで幅広く紹介。気になる人は、ぜひご覧ください。

コンテナハウスの活用法3選

コンテナハウスはおしゃれでデザイン性が高く建築費用も比較的安く抑えられるためさまざまな用途で活用されています。

コンテナハウスの定番活用法は。以下の3つです。

  • 住居
  • 事務所
  • 店舗

それぞれ詳しく解説します。

住居

コンテナハウスの定番活用法は、住居としての利用です。一般的に家を建築するよりも費用を抑えられる上にデザインの自由度が高いなどのメリットが多くあります。コンテナの数や配置、内装や外装をアレンジできるため人気も高いです。できるだけ安く家を建てたい人や普通の家ではなく個性的な家を建てたい人におすすめの活用法だと言えます。

店舗

コンテナハウスを店舗として利用するお店も多いです。賃貸物件の場合、改装する際の制約があり、思った通りの店舗が作れない可能性があります。コンテナハウスであれば比較的低予算で自由にアレンジした店舗が作れるのが魅力です。特に雰囲気が大切なカフェやバーなどとコンテナハウスは相性が良いためおすすめの活用法だと言えます。

事務所

コンテナハウスは事務所としても活用できます。企業時にできるだけ初期費用を抑えて事務所を建てたい人や事務所を建て替えるまでの仮事務所として利用する人が多いです。おしゃな事務所が欲しい人にもおすすめでしょう。使用期間によってライフラインなどの工事を行うと費用も抑えられるので便利に活用できます。

その他の活用法

コンテナハウスは少し変わった使い方も多く存在します。

その他の活用法は、以下の2つです。

  • 防音室
  • サウナ

防音室

コンテナハウスは防音室としても活用できます。防音加工ができるため、自宅を工事しなくても防音室を作れます。防音のコンテナハウスであれば、レコーディングやボイストレーニングなどをする音楽スタジオや趣味の部屋として利用可能です。

サウナ

日本では珍しいかもしれませんが、海外ではコンテナハウスを利用したサウナが増えています。日本でも自宅で楽しめる簡易サウナなどを購入する人が増加しています。ある程度広い敷地が必要ですが、自分好みのサウナを作りたい人にはおすすめの活用法です。

まとめ

コンテナハウスは比較的安く建築が可能でデザインの自由度が高いため、さまざまな活用法があります。定番の住居や店舗などへの活用からサウナなどの少し変わった活用法まで多岐に渡ります。本記事では定番から変わった活用法まで幅広く紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。