コンテナハウスにかかる費用を紹介

コンテナハウスの購入を検討しているけど、購入価格の目安が分からず困っている人もいるでしょう。コンテナハウスを購入・活用するためには本体以外にも必要な費用が発生します。

本記事では、コンテナハウスを建築するのにかかる費用や具体的な価格を徹底解説。コンテナハウスを購入・活用したい人はぜひ参考にしてみてください。

建築に必要な費用の内訳

建築に必要な費用の内訳

コンテナハウスを建築する際に必要な費用は、普通に家を建てるときのように家屋以外にもかかる金額が多いです。中古のコンテナは、30〜60万円程度で売られていますが、土地や工事費用などを合わせるとそれ以上の値段がかかります。コンテナハウスは100万円以下で建てられるという記載があるWebサイトもありますが、非常に難しいことを理解しておきましょう。

建築にかかる費用の内訳は、以下の通りです。

  • コンテナ
  • 土地代
  • 工事代金
  • 運送代金
  • 外装・内装
  • 水回り工事
  • 電気工事
  • 税金

以上の項目以外にもデザインなどにこだわりがあれば、更にかかる費用も増えていくでしょう。建築物なので当然、税金もかかります。コンテナのサイズなどによっても変わりますが、最低でも500万円以上はかかるでしょう。

参考価格

参考価格

以下で、コンテナハウスを建てるときのシミュレーション価格を紹介します。詳細な内訳を記載しているので参考にしてみてください。

総額:約3,000万円

内訳費用
コンテナ✕5500万円程度
基礎工事150万円程度
コンテナ設置工事100万円程度
水道工事400万円程度
電気工事200万円程度
ウッドデッキ設置工事50万円程度
外装・内装1,500万円程度
仮設工事80万円程度

仮設工事の仮設設備などの費用もかかります。以上がコンテナハウス建築のシミュレーション価格です。あくまでも参考価格なので、場合によっては実際の価格は上記の金額よりも増減します。

その他にも、維持費や税金などもかかることを理解しておきましょう。また、DIYが得意な人であれば工事費用をより安く抑えられるかもしれません。

まとめ

コンテナハウスは一般的な家屋を建てるよりも安く建築できます。サイトによっては100万円以下で建てられると書かれていますが、非常に難しいので勘違いしないようにしましょう。

購入を考える際は、本体価格だけでなくその他の費用や用途を考えて選択するのが大切です。価格だけに目を向けず総合的に判断しましょう。

当記事では、コンテナハウス建築にかかる費用の内訳や参考価格を紹介しました。購入を迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

また、コンテナハウスと近いものにコンテナを載せたかたちの災害用支援車、キャンピングカー、トレーラーハウスなどがあります。災害車は災害を想定した車です。トレーラーハウスはコンテナにやや近いですが、法律上は車両扱いになっています。昨今では、普段はキャンピングカーとして、災害時には災害につよい車として使えるものも出ています。それぞれ使用用途やメリットが異なりますので、ご自身のニーズに合ったものを探してみると良いでしょう。